英国威廉希尔公司

開講講座一覧?申込
開講講座一覧?申込

100年経営の現場から考える事業承継(全3回)

日本経済の根幹を支える中小企業の多くが、後継者問題に悩まされています。帝国データバンクの調査(2020年)では、後継者が不在の企業は65%にものぼります。さらに、コロナ禍での業績悪化により、後継者難による廃業の傾向が高まることが危惧されています。
そこで、近年より注目の集まっている事業承継支援について、事業承継を支援する現場?承継支援のための政策立案?実際の企業経営など、複数の視点からこれからの企業経営に必須の事業承継に関する知見を学びます。

2021年7月、帝京大学と一般社団法人100年経営研究機構は、学術交流の促進を図ることなどを目的に、連携協定を締結しました。そしてこの度、連携事業の一環として、多くの中小企業が抱える後継者問題の解決に向けた視座を探るリカレント学習プログラムとして事業承継をテーマにした連続講座を開催します。

期間 2021年12月2日(木)、12月9日(木)、12月17日(金)
開講時間 16:00~18:00 講演50分、パネルディスカッション60分(途中休憩、質疑応答含む)
資料代 各回5,000円
定員 各30名(先着)
会場 帝京大学霞ヶ関キャンパス
(東京都千代田区平河町2-16-1平河町森タワー9階)
その他 チラシはこちら

申し込み

日付 2021年12月2日(木)
講師
小西孝幸氏
小西孝幸氏
ワイズ?パートナーズ税理士法人 代表社員
パネリスト
田中保行氏
田中保行氏
東京中小企業投資育成株式会社 執行役員業務第一部長
山本貴大氏
山本貴大氏
株式会社山本海苔店 代表取締役社長
概要

講演:
昨今の中小企業の事業承継は、後継者不在等により従来当たり前であった親族内承継だけでなく、従業員承継、M&Aなどさまざまな選択肢から検討しなければならない。各選択肢のメリット?デメリット、承継を考え始めるタイミング、進め方といった事業承継で知っておくべき概要を解説する。

パネルディスカッション:
100年超企業当主が承継を考え始めたタイミングや必要な準備を知り、事業承継(特に経営承継)には長い時間が必要であることを理解していただく。加えて、従業員承継特有のルール(第三者間でバトンタッチしていくための株式保有のルール、経営判断の仕組み、代々続く事業承継のルール)を学ぶ。

申し込み

日付 2021年12月9日(木)
講師
高橋正樹氏
高橋正樹氏
中小企業庁事業環境部財務課 課長補佐
パネリスト

高橋氏

大野哲也氏
大野哲也氏
大野建設株式会社 代表取締役社長
小西孝幸氏
小西孝幸氏
ワイズ?パートナーズ税理士法人 代表社員
堀部直紀氏
堀部直紀氏
アイアルマーズ株式会社 代表取締役社長
概要

講演:
現在の中小企業の事業承継の課題に対して、政策側が考える課題や活用してほしい制度、2021年4月に再編された事業承継?引き継ぎ支援センターの取り組みなど政策視点から事業承継について解説する。

パネルディスカッション:
講演で解説された政策側の諸制度や事業承継?引き継ぎ支援センターなどの支援状況などを踏まえ、実際の現場での活用のされ方などや、承継において経営者自身がやらなければならないことは何か、特に事業承継における人?組織の問題(経営承継の問題)を中心に、企業経営者を招いて議論する。

申し込み

日付 2021年12月17日(金)
講師
荒井邦彦氏
荒井邦彦氏
株式会社ストライク代表取締役社長
パネリスト

荒井氏

小西孝幸氏
小西孝幸氏
ワイズ?パートナーズ税理士法人 代表社員
中川庄一郎氏
中川庄一郎氏
中小企業基盤整備機構 事業承継?引継ぎ支援プロジェクトマネージャー
概要

講演:
現在の事業承継を考えていくうえでM&Aは避けて通れない。消去法的に選択されがちなM&Aについて、M&Aに伴う困難を失敗事例も踏まえながら知り、正しくM&Aを活用するために経営者が知っておくべきことを、現在のM&A事情を含めて解説する。

パネルディスカッション:
納得感のある事業承継とするためには、すべての選択肢をつぶしたうえでM&Aを選択すべきである。M&Aを活用し、納得感の事業承継を行うために経営者としてどんな準備が必要か、実務家としての現場の経験から、複数の視点で議論する。

申し込み