英国威廉希尔公司

大規模自然災害発生時の経済支援実績
大規模自然災害発生時の経済支援実績

2020年7月の大雨災害で罹災された方々の一日も早い復興を願い、ご自宅?ご実家が被害にあわれた在学生を対象として、本学は以下の経済支援を実施します。

支援内容は以下の通りですが、詳細は在籍キャンパス事務部へお問い合わせください。

支援対象

以下の在学生

  • 帝京大学各学部(医学部を除く)
  • 帝京大学大学院(医学研究科および公衆衛生学研究科を除く)
  • 帝京大学短期大学
  • 帝京高等看護学院

支援条件

  1. 実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、罹災程度が床上浸水以上であること。または、原則として自宅もしくは実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、学費支弁者が死亡、もしくは、罹災程度が半壊以上(流失?消失?液状化等を含む)であること。
  2. 休学中、休学予定、もしくは留学予定でないこと。
  3. 国費?私費減免者でないこと。また、各種特待生?奨学生については、当該奨学金等支給(減免)額を本件支援額から控除する。
  4. 学業の継続に強い意志を持つ者であること(原則として成績の優劣は問わないが、著しく成績不良、単位未取得の者については条件を付けることがある)。

支援内容

家屋が床上浸水の場合

2020年度の後期納入金および2021年前期納入金の半額を免除します。

家屋が半壊以上の場合

2020年度の後期納入金および2021年前期納入金の全額を免除します。

  • 全額、半額免除する納入金は、授業料?施設拡充費?実験実習費(理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコース外部委託費相当分を除く)?図書費です。
  • すでに上記納入金を納入済みの学生に対しては、返金にて対応します。
  • 申請期限は、2020年度後期の納付期限までとし(2021年度前期納入金のみ免除の場合は2021年度前期の納付期限まで)、申請が間に合わない場合はその権利を失います。

台風19号の影響による停電に伴う災害で罹災された方々の一日も早い復興を願い、ご自宅?ご実家が被害に遭われた在学生を対象として、本学は以下の経済支援を実施いたします。

支援内容は以下のとおりですが、詳細は在籍キャンパス事務部へお問い合わせください。

支援対象

以下の在学生

  • 帝京大学各学部(医学部を除く)
  • 帝京大学大学院(医学研究科および公衆衛生学研究科を除く)
  • 帝京大学短期大学
  • 帝京高等看護学院

支援条件

  1. 実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、罹災程度が床上浸水以上であること。または、原則として自宅もしくは実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、学費支弁者が死亡、もしくは、罹災程度の家屋の半壊以上(流失?消失?液状化を含む)であること。
  2. 休学中、休学予定、もしくは留学予定でないこと。
  3. 国費?私費減免者でないこと。また、各種特待生?奨学生(日本学生支援機構からの奨学金受給者および新聞奨学生を除く)については、当該奨学金等支給(減免)額を本件支援額から控除する。
  4. 学業の継続に強い意志を持つ者であること(原則として成績の優劣は問わないが、著しく成績不良、単位未取得の者については条件を付けることがある)。

支援内容

家屋が床上浸水の場合

2019年度の後期納入金および2020年前期納入金の半額を免除します。

家屋が半壊以上の場合

2019年度の後期納入金および2020年前期納入金の全額を免除します。

  • 全額、半額免除する納入金は、授業料?施設拡充費?実験実習費(理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコース外部委託費相当分を除く)?図書費です。
  • すでに上記納入金を納入済みの学生に対しては、返金にて対応します。

台風15号の影響による停電に伴う災害で罹災された方々の一日も早い復興を願い、ご自宅?ご実家が被害に遭われた在学生を対象として、本学は以下の経済支援を実施いたします。

支援内容は以下のとおりですが、詳細は在籍キャンパス事務部へお問い合わせください。

支援対象

以下の在学生

  • 帝京大学各学部(医学部を除く)
  • 帝京大学大学院(医学研究科および公衆衛生学研究科を除く)
  • 帝京大学短期大学
  • 帝京高等看護学院

支援条件

  1. 実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、罹災程度が床上浸水以上であること。または、原則として自宅もしくは実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、学費支弁者が死亡、もしくは、罹災程度の家屋の半壊以上(流失?消失?液状化を含む)であること。
  2. 休学中、休学予定、もしくは留学予定でないこと。
  3. 国費?私費減免者でないこと。また、各種特待生?奨学生(日本学生支援機構からの奨学金受給者および新聞奨学生を除く)については、当該奨学金等支給(減免)額を本件支援額から控除する。
  4. 学業の継続に強い意志を持つ者であること(原則として成績の優劣は問わないが、著しく成績不良、単位未取得の者については条件を付けることがある)。

支援内容

家屋が床上浸水の場合

2019年度の後期納入金および2020年前期納入金の半額を免除します。

家屋が半壊以上の場合

2019年度の後期納入金および2020年前期納入金の全額を免除します。

  • 全額、半額免除する納入金は、授業料?施設拡充費?実験実習費(理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコース外部委託費相当分を除く)?図書費です。
  • すでに上記納入金を納入済みの学生に対しては、返金にて対応します。

2019年8月の前線に伴う大雨災害で罹災された方々の一日も早い復興を願い、ご自宅?ご実家が被害に遭われた在学生を対象として、本学は以下の経済支援を実施いたします。

支援内容は以下のとおりですが、詳細は在籍キャンパス事務部へお問い合わせください。

支援対象

以下の在学生

  • 帝京大学各学部(医学部を除く)
  • 帝京大学大学院(医学研究科および公衆衛生学研究科を除く)
  • 帝京大学短期大学
  • 帝京高等看護学院

支援条件

  1. 実家が災害救助法適用地域にあって「罹災証明書」の提出ができ、罹災程度が床上浸水以上であること。
  2. 休学中、休学予定、もしくは留学予定でないこと。
  3. 国費?私費減免者でないこと。また、各種特待生?奨学生(日本学生支援機構からの奨学金受給者および新聞奨学生を除く)については、当該奨学金等支給(減免)額を本件支援額から控除する。
  4. 学業の継続に強い意志を持つ者であること(原則として成績の優劣は問わないが、著しく成績不良、単位未取得の者については条件を付けることがある)。

支援内容

2019年度の後期納入金および2020年前期納入金を半額を免除します。

  • 半額免除する納入金は、授業料?施設拡充費?実験実習費(理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコース外部委託費相当分を除く)?図書費です。
  • すでに上記納入金を納入済みの学生に対しては、返金にて対応します。